フラーレン化粧品について(1)どんな効果が得られるの?効果のない化粧品とは?

yuka

フラーレン化粧品を長く使うと、今までのどんな肌悩みも改善されると臨床試験結果で証明されてきました。
では、どんな効果があるのか、なぜフラーレン化粧品い効果がないと感じる人がいるのかを、ご説明します!

私もお肌が劇的に改善したフラーレン化粧品。
以前は肌も赤らみ、ニキビが絶えないお肌でした。でも、フラーレン化粧品を使うことでこの通り!

お肌自体も敏感肌から卒業し、強くなった気がします。
そんなフラーレン化粧品の、効果を科学的に研究機関が証明されたものが、こちらです!

フラーレン化粧品による、お肌の効果への臨床試験結果が軒並み期待以上だった!

フラーレンの美白効果と使用期間に関する臨床データ

● 紫外線による色素沈着の抑制

●4週間の使用で、肌が明るくなり、透明度が改善

●6週間の使用で、94パーセントの被験者の肌メイドが改善

●8週間で、メラニンインデックス(色素沈着の指標の一つ)が低下

このデータから、お肌のトーンアップやキメなどは4週間から6週間で改善されることがわかりましたね!ターンオーバーに合わせて、フラーレンで酸化を防いだ元気なお肌が表面に出てくるといった感じです!

メラニンも、辛抱強くフラーレンによって抑制することで将来のシミの元を断ち切ることができます!

フラーレンのシワへの効果と使用期間に関する臨床データ

●8週間の使用で、塗った場合のしわ面積が、比較対象のプラシーボ液を塗布した場合よりも減少

シワは活性酸素が皮膚の角質以上を招いて乾燥させたり、コラーゲン分解酵素を活性させてコラーゲンを切断したりすることが原因でできます。

この活性酸素を抑えることでしわの改善を図るので、角質が健康に育ってきて、コラーゲンの生成がうまく運ぶまでの間、8週間という時間がかかりそうです。

フラーレンの毛穴への効果と使用期間に関する臨床データ

●8週間の使用で、40代女性の場合の目立つ毛穴が170個から103個に改善、毛穴の縮小や赤味の改善

●12週間の使用で、毛穴面積スコアが100から74に減少、赤味や肌のキメの改善

活性酸素が皮脂の過剰分泌を促して酸化し、毛穴に詰まってブツブツ毛穴になります。

また、活性酸素による角質以上が毛穴の開きやたるみを引き起こします。

これらを、フラーレンで抑制してあげることによって効果が一定期間で出るんですね!

フラーレンのニキビへの効果と使用期間に関する臨床データ

●4週間の使用で、皮脂の毛穴詰まりや、炎症によるにきびが減少

●8週間の使用で、顔の赤みが顕著に改善

フラーレンの敏感肌・乾燥肌・バリア機能回復への効果と使用期間に関する臨床データ

●4週間の使用で、角質の水分量が増加

時々フラーレン化粧品は効果なしと言われるのはナゼ?答えは、フラーレンの濃度と種類にあります!

検索していても、「フラーレン 効果ない」と見かけることもあれば、
「フラーレンと言ってもよくわからなかった」
「フラーレン入りの化粧品が肌に合わなかった」
なんていう声も良く効きます。
なぜ、ここまで効果が証明されているにもかかわらず、こんな声が多発するのでしょう。

フラーレンの化粧品に配合されている濃度が少ない

研究機関や大学が、臨床試験を行って良い効果を出しているというその研究には、その実験に濃度1パーセントのフラーレン化粧品を使っています。
つまり、濃度が1パーセントに満たないのに「フラーレン化粧品」と歌っている化粧品も世の中には多く、
本当にフラーレンの効果を得たくて購入するのであれば、1パーセント以上配合されている証拠である
「フラーレンマーク」
がついている化粧品を探し出す必要があるのです。

フラーレンマークは多くはこの3種類。


きちんと規定値の1パーセント以上配合されている化粧品には、このいずれかのマークがついているはずです。
これ以上低くても、フラーレンはフラーレンとしての活性酸素除去の役割を果たしています。
しかし、ストレスや紫外線、大気汚染やタバコなど様々な要因から日々活性酸素は発生しているので、フラーレンの効果が目に見える前に次から次へと活性酸素が発生し、低い濃度のフラーレンでは追いつかなくなってしまうのです。

そうなると、「フラーレンって効果ないじゃん」となってしまいますよね。

敏感肌の人にとって、フラーレン原料に添加されている添加物が刺激物になっている

添加物は多くはないとはいえ、それらに反応してピリピリと赤くなってしまうのが敏感肌。
フラーレンにチャレンジしたくともなかなか手が出ない理由は、
「新しい化粧品を買っても合わなかったらもったいない」
という感じではないでしょうか。

実は、フラーレン原料で最も安全で無添加であるのが、リポフラーレン。
クリームやオイルに馴染みやすいように天然の油であるスクワランが添加されているだけで、いちばんナチュラルなフラーレン原料です。

他に化粧水や美容液などの液体に馴染むように作られたのが「ラジカルスポンジ」、
ファンデーションに配合されるようにシリカゲルに包まれて作られた「ヴェールフラーレン」
紫外線吸収剤に配合された「サンガードフラーレン」

など、実はフラーレンに添加物を加えて作られているのです。
敏感肌の人は、もしかしたらこの添加物に反応してしまいピリピリしている可能性もあります。

敏感肌の人は、このリポフラーレンのマークを目安に、フラーレンデビューすることをお勧めします!

化粧品自体に多くの添加物が入っているという事もあります。

無添加の項目が多いほど、敏感肌への負担が少ないです。
「〇〇無添加」や「〇〇フリー」という表示も調べてみましょう。

yuka2

ビューティーモールのフラーレン化粧品は、全て規定値以上。界面合戦剤や香料着色料、パラベンなどできる限りのものを無添加にしています。