今一番気になる日やけどめ、ビューティーモールのダブルフラーレンUVミルクを徹底レビュー!


yuka

一年中必要な日焼け止め。ケアの最後に塗るものとあって、その美容成分や下地力にもこだわりたい所ですよね。
ところが、この美容成分と下地力の共に突き抜けている日焼け止めが存在するんです!
今、美容ブロガーさんはもちろん愛用者の皆さんの中で「これを使ったら他の日焼け止めが使えない」と言われている日焼け止めを徹底レビューします!

フラーレン配合の日焼け止め、ビューティーモールのダブルフラーレンUVミルクの美容液をもしのぐ美容効果

悪い口コミ

日焼け止めって、しっかり焼けないようにすると乾燥するし、ゴワゴワ突っ張る。夕方にはくすんでくるうえに、もう日焼け止め効果はないし・・・できれば塗りたくない、でも塗らなくちゃって思っています・・・

yuka2

これなら「むしろ塗っていこう!」と思える日焼け止めがあります!日焼け止めと呼ぶより、もはや高機能美容液と言っていいでしょう。塗った方がお肌が喜ぶなら、日焼け止めとしての悩みもなくなりますね♪

ビューティーモールの日焼け止め、今話題の成分であるフラーレンが配合されています。

実は、これだけでもすごいことであるのに、ビューティーモールでは初のダブルフラーレン化粧品として水溶性と油溶性の2種類のフラーレンを配合しているんです。
このダブルフラーレン、フラーレン化粧品全体で見てもとっても少なく、まだまだ貴重。

フラーレンの恩恵を余すことなく受けられる、しかも日焼け止めで、という事で「美容液以上の美容効果」があるんです!!

yuka2

フラーレンは、老けの要因である活性酸素そのものを除去してくれます。毛穴・シワ・メラニン・毛髪などの改善が研究機関で立証されている、最新のエイジングケア成分です。

フラーレンと相性のいいビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)と、相乗効果のあるビタミンE誘導体を日焼け止めに配合

ビタミンCも抗酸化作用の強い物質として良く美容に使われていますが、実はお肌の活性酸素をビタミンCが除去していくうちに、お肌に直接働きかけるためのビタミンCが少なくなってしまっていました。

そこで、フラーレンとタッグを組むことで無敵のコンビとなるんです!!
フラーレンが活性酸素を除去してまっさらなお肌にしたところへ、
ビタミンC誘導体が全力でお肌に働きかけることにより、2倍3倍の効果となります。

yuka2

ビタミンC誘導体のAPPSは、最新のビタミンC誘導体と言われ、イオン導入なしでお肌の奥まで入っていきます。浸透力がダントツに高く、ゆっくりと作用していくので、長時間美肌作りに専念してくれます。

さらに、アルティメットVフォースと命名されたビタミンCカクテルをも配合し、様々な角度からアプローチ。

● VCエチル
● VCIP
● APS

これらのビタミンC誘導体が、一体となって美肌一直線を目指しております!

紫外線に当たると保湿成分に変身する奇跡の成分、OTZ(オキソジアソリジン)を配合

最新の研究により、紫外線を照射することによって自身が保湿成分へと変化するOTZ(オキソジアソリジン)。
まだまだ知名度の低い成分ですが、早くもビューティーモールでは日焼け止めに配合。
あわよくば紫外線すら味方にしてしまおうという貪欲な美肌への信念を貫く日焼け止めと言えます!!

yuka

市販ではほとんど見られないOTZ。こだわりの通販でさえ、片手で数えられる程度の商品にしかまだ配合されていない最新の成分なんです。

ゴワゴワしない日焼け止め。徹底保湿成分も配合。

美肌へと働きかける成分は存分に配合されていますが、そもそもの保湿だってしっかりしてくれます。
メリロートエキス、マコンブエキス、3Dヒアルロン酸を配合して最初の保湿バリアを形成。

yuka

保湿バリアのなかで、フラーレンやビタミンC誘導体が美肌作りに励んでいます。まさに、日焼け止めというよりも、紫外線カットできる美容液と言った方が良さそうです。

ビューティーモールのフラーレン日焼け止めの口コミ~美肌編~

良い口コミ

☆肌への密着度が高くて、日焼け止め特有のツッパリ感や乾燥がない。肌が疲れない日焼け止めは、初めてです。

☆日焼け止めは肌に乗せる最初のコスメだから、一番に成分に気を遣うべきと読みました。これは、使えば使うほど肌が柔らかくなるのを感じます。テカリも確実に抑えていて驚くほど。特に夏はこれがあれば怖いものなしです。

☆SPFが低いので、肌刺激がマイルド。小さいですが持ちがよく、一年中使えます。

☆日焼け止めにしかフラーレン製品を使っていませんが、明らかにお肌の調子が良くなりました。小じわが気にならなくなり、ほっぺのところに光の輪があります!

フラーレン配合の日焼け止め、ビューティーモールのダブルフラーレンモイストUVミルクの下地力

悪い口コミ

日焼け止めって、下地と重ねると厚塗りになるから使いません。かといって下地はSPFも弱い。どっちみち昼過ぎにはテカってしまうので、塗りなおします。下地にファンデに厚塗りで肌がぐったりです・・・

実は化粧下地としても劣るものがない優秀な日焼け止めがビューティーモールのフラーレン配合日焼け止め。
毛穴をフラットにしてくれるので肌全体が光を纏ったようにツヤを放ちます。

さらに、これほどまでに経験したことのない「崩れないメイク」を提供。
例えばすぐパンダになっていたような目元も、丁寧に塗り込むことで夕方までパンダになりません。

小鼻のテカリも、「テカリ?何それ」と言ってのけられます。

実は私、下地ってかなり甘く見ていた方で、なくても変わらないし、どれも変わらないと思っていました。
だからテカリもパンダも普通だと思っていたんです。

でも、ビューティーモールの日焼け止めを知ってからは驚きの連続。

yuka

下地でこんなに違うんだぞってこと、誰もマジで教えてくれません!!BAの方たちはもちろん自社推しなので頼りにもなりません!

ビューティーモールの日焼け止め、ダブルフラーレンモイストUVの口コミ~下地編~

良い口コミ

☆肌への密着度が高くて、どのファンデーションとも相性が良い。

☆☆伸びが良く肌にピタッとフィットする感じ。毛穴が目立たなくなり、パッと明るさが出るので、肌がキレイに見えます。

下まぶたのマスカラやアイラインが歴然と崩れなくなり、ノーストレス。とにかく崩れない。衝撃でした。私にとってはこの値段でも安いくらいです。

フラーレン配合の日焼け止め、ビューティーモールのダブルフラーレンUVミルクは紫外線吸収剤不使用でSPF35+++

悪い口コミ

敏感肌なので、あらゆる市販の日焼け止めはNG。紫外線吸収剤はもちろん外して探しています。でも、そうするとやっぱりSPFは弱いし塗りなおしが必要。あらゆる合成物質ができる限り無配合のものを探すのに疲れてきました・・・もう美肌は諦めて、とにかく紫外線カットできるクリーム探しです。

ビューティーモールのフラーレン配合日焼け止めは、「紫外線吸収材不使用と」言うだけでもスペックが高いですが、さらに

☑ 紫外線吸収剤

☑ パラベン

☑ 鉱物油

☑ アルコール

☑ 合成香料

☑合成着色料

という敏感肌処方。敏感肌さんだけでなく、子どもも使える日焼け止め、アトピーさんも使える日焼け止め、もちろん普通肌の人もこれに越した事はないとしてはないとして、

「紫外線吸収剤は嫌!」

という人達を筆頭に多くの人に支持されているんです!

ビューティーモールの日焼け止め、ダブルフラーレンモイストUVの口コミ~下地編~

良い口コミ

☆花粉の時期の痒みにも反応せずに使える日焼け止めとして重宝しています!それどころか、この時期特有の肌の赤味まで引いてきました。同じく花粉症の息子にも使うことができ、ホッとしています。

☆アトピーで恐る恐る化粧品を使う毎日。紫外線に当たると炎症部分は黒くなり、痒みも増すので日焼け止めは必須ですが合うものはなかなかなく大変でした。フラーレンがアトピーに良いと聞き、フラーレン配合日焼け止めを探して辿り着いたのがこの日焼け止めです。焼けないのもありますが、痒みが少しづつ無くなってきたのが一番の救いです。ここまで変わるなら、他のフラーレン商品も試してみたいです。

ビューティーモールの日焼け止め、ダブルフラーレンモイストUVの口コミレビュー

では実際に使用感をレビューしていきたいと思います!!

こちらがパッケージ。呪文のようなアルファベットが並んでいますが、

一番上から「ダブルフラーレン」とダブルフラーレンマーク

ビューティーモールの主戦力である最新型ビタミンC誘導体のAPPS、

そしてビタミンE誘導体のTPNa、

make up bace UVということは、そもそも日焼け止めと言うよりも化粧下地として開発されたものだったんですね!

酸化防止剤の代わりとして、TPNaが配合されているそうで、APPSの鮮度もばっちりです!

中身のパッケージがこちら。

30gって少ない感じがしますが、かなり伸びるので2か月くらいはもつかな?という感じ。

お手入れ後のお肌に伸ばしていきます。

固くもなく、水っぽくもないちょうどよいテクスチャ。ミルクと言うよりもう少しクリーム寄り。

白浮きが気になりますが、伸ばしていくとあっという間に肌にフィット!

吸い付くように密着してごわつきはゼロ。

白浮きしているわけではなく、光を跳ね返すようなベールを作るのでワントーン明るく見えます。

上の写真は毛穴もほうれい線も目立ちますが、塗り終えた後の下の写真は目立ちません!!

ほうれい線まで目立たなくなっているとは、今写真を並べて気づきました・・・( *´艸`)

ただ、赤味のカバー力は低いので薄くファンデを塗ると良さそうです。

私は普段はこれでじゅぶんきれいに魅せられるので、これ以上の厚塗りはしないで過ごしています。

最近の乾燥した空気や寒暖差にも強く、ビューティーモールのフラーレンUVミルクにしてからは肌荒れは起こしていません!

箱の裏にも書いてある通り、不必要な化学合成物資手は無添加。

安心して使えます。

とにかく、日焼け止め兼化粧下地を探している人で、

☑お化粧寄れが気になる人

☑乾燥肌が気になる人

は、こちらのフラーレンモイストUVミルクで決まりです(^_-)-☆