アンチエイジングの王様フラーレン・ビタミンC誘導体APPSのコスメ、全部教えます!

フラーレンコスメログ

ビューティーモール 商品詳細

2019/7/5

ビューティーモールのフラーレンコスメはここがスゴイ!

結果重視、フラーレン・APPS高配合のビューティーモールがいろいろスゴイ! パッケージやボトルデザイン、広告費にかかる費用は、企業にとって予算を半分以上組むなど莫大なものです。 その莫大な費用を削ってでも、中身の有効成分の配合量を限界まで引き上げようという、結果重視でリピーターを得ているコスメがBEAUTYMALL(ビューティーモール)。 最強の成分・フラーレンとAPPSを超高濃度の黄金比率で配合し、他のコスメには真似できないほどに結果を重視するというブランドで、圧倒的な数のファンとリピーターを獲得してい ...

ReadMore

商品詳細

2019/7/5

【BIHAKUお得に買う!】

こんにちは、Yuです! 35になって、どんどんお風呂上がりのお肌のケアは増えるばかり。 化粧水を重ねづけして、美容液に、週一でパック。乳液に、夜はクリーム。 もちろんアイクリームも欠かせません。 毎朝毎晩、疲れてきました。   そんな疲れきった女性に朗報! 化粧水の後は、この美容液一本でOK!な,最新の高級成分をたっぷり配合している オールインワンホワイトエッセンスがあるというので、早速試してみました! BIHAKU公式サイト オールインワン美容液 BIHAKU 《1本30ml》 定期購入の初回 ...

ReadMore

フラーレンマーク

2018/10/26

フラーレンマークとは?化粧品に規定値以上のフラーレン原料が配合されている商品につく特別なマーク!

フラーレンマークとは?化粧品に規定値以上のフラーレン原料が配合されている商品につく特別なマーク! [char no=2 char="yuka"]世の中にはフラーレンを謳う化粧品がたくさんありますが、効果的な濃度で配合されているものって意外と少なかったりします。そんな化粧品を見分ける「フラーレンマーク」についてお話します![/char] フラーレンマークとは?フラーレン原料を販売する研究機関が認定している濃度で配合されているという証のマーク! [char no=2 char="yuka"]効果的なフラーレン ...

ReadMore

フラーレンの日焼け止め フラーレンマーク

2018/10/25

今一番気になる日やけどめ、ビューティーモールのダブルフラーレンUVミルクを徹底レビュー!

今一番気になる日やけどめ、ビューティーモールのダブルフラーレンUVミルクを徹底レビュー! [char no=2 char="yuka"]一年中必要な日焼け止め。ケアの最後に塗るものとあって、その美容成分や下地力にもこだわりたい所ですよね。 ところが、この美容成分と下地力の共に突き抜けている日焼け止めが存在するんです! 今、美容ブロガーさんはもちろん愛用者の皆さんの中で「これを使ったら他の日焼け止めが使えない」と言われている日焼け止めを徹底レビューします![/char] フラーレン配合の日焼け止め、ビューテ ...

ReadMore

フラーレンの日焼け止め

2018/10/22

フラーレンが配合された日焼け止めって無敵!ダブルフラーレンモイストUVミルク

フラーレンが配合された日焼け止めって無敵!ダブルフラーレンモイストUVミルク [char no=2 char="yuka"]メイクの最後に塗る基礎化粧が、」日焼け止め。しかも、老化の一番の原因である紫外線を防いでくれるのも日焼け止め。何はともあれ日焼け止めにフラーレンが配合されていたら、無敵だと思いませんか? そんなフラーレン配合の美容液レベルの日焼け止めを、ご紹介します![/char] フラーレン配合の日焼け止め、ダブルフラーレンモイストUVミルクを出しているビューティーモール 宣伝費をかけないことで、 ...

ReadMore

APPSアプレシエ化粧水 フラーレンの原液

フラーレンの原液の効果は?効果なしと言われる理由と、原液の成分・使い方

投稿日:

フラーレンの原液の効果は?効果なしと言われる理由と、原液の成分・使い方

[char no=2 char="yuka"]フラーレンの原液って、化粧品として販売されていますが、フラーレンはそもそも炭素のかたまりで液体ではありません。では、フラーレン原液って一体どういうことなんでしょう?効果はあるのでしょうか?[/char]

フラーレンの原液は、原液といいながらも実は水で薄めたものだった!効果は濃度に寄りけり。&

原液って聞くと、「フラーレンそのもの」っていうイメージがありますよね。
「まるごとフラーレン」、そんなイメージです。nbsp;

「原液」という言葉は「薄めたり加工したりする前のもとの液。濃い液体。」という意味。
では、市販のフラーレン原液は、やはり薄めないそのままのフラーレンなのでしょうか?

[char no=6 char="研究員"]答えは、NO。
実際にフラーレン原液と言っても、大体の商品は
水・BG・PVP・といったもので薄めてあります。
[/char]

原液とは名ばかりの、薄めた液体が「フラーレン原液」として販売されているんです。
しかも、その中にはフラーレンが規定値以上配合されているマークであるフラーレンマークがないものも。
しっかりフラーレンマークのついているものを選ばないとただの水と添加物をわざわざ買っているようなもの。
効果がないのは当たり前ともいえるでしょう・・・

[char no=5 char="yuka2"]ちなみに、成分は多く入っているもの順で表記されているので、フラーレンが後ろの方に表記されているものはそもそもほとんど入っていません。[/char]

フラーレンマークのついているフラーレン原液成分

A社  水・BG・フラーレン・PVP
B社  水・BG・1,2ヘキサンジオール・フラーレン・PVP

フラーレンマークのついていないフラーレン原液成分

C社  水・BG・ヒアルロン酸Na・PVP・フラーレン・メチルパラベン

フラーレンマークの付いたフラーレン原液だけでは効果が出ないって本当?

あらゆる肌悩みに効果的であるフラーレン。
フラーレン自体の効果は、各研究機関で臨床試験済みであり、きちんと確認されています。
それだけに、高濃度だともっと効果が出ると思いがちですが・・・

[char no=6 char="研究員"]規定値以上(濃度1パーセント)でフラーレンマークが取得できるフラーレン化粧品。
濃度1パーセントでの臨床試験で、十分なほどの効果が表れています。
つまり、それ以上の濃度であっても、効果は劇的に変わりません。[/char]

中にはかなりの高濃度でフラーレンが配合されているフラーレン「原液」もありますが、水で薄めたフラーレンには規定値(1パーセント)のフラーレンで得られる効果と変わらないという事なんですね。

それよりも、フラーレンと相性の良いビタミンC誘導体を合わせて配合してある化粧品の方が相乗効果で2倍も3倍も効果があるんです!

ビタミンC誘導体は、フラーレンが活性酸素を除去してくれたその隙に、角質層の深いところでビタミンCを生成でき、お肌に
まるごと作用できるという黄金コンビ。

でも、フラーレンを水で薄めた方がコストは低くて済みますよね。

[char no=2 char="yuka"]でも「高濃度フラーレン原液」といえば、すごくフラーレン効果にあやかれそうな気がしませんか。実際はビタミンC誘導体やその他の美肌成分を配合したフラーレン化粧品の方が効果は倍以上。
でも、水で薄めればコストの削減になる上に、「原液」としてアピールできるんです。
これは、販売数を伸ばしたい企業の言葉のカラクリで、企業努力なんですよね~。[/char]

そんなフラーレン原液の裏側を知ってしまうと、高濃度フラーレン原液の効果を期待して買うよりも、しっかり中身のあるフラーレン化粧品を買った方が、効果は目に見えるといっていいでしょう!

フラーレン原液と相性の良い化粧水は、ビタミンC誘導体入りのもの

実際に、物凄い高濃度でフラーレンを配合しているすごいフラーレン原液もあります。
でも、それだけだと本当にもったいない!
フラーレンは活性酸素を除去してくれるのでお肌の本来の力をそのまま発揮できますが、お肌が育つ過程でお手伝いはしてくれません。
あくまでも、お肌が育つための邪魔な活性酸素をなくしてくれるだけ。
だからそこへ、お肌に栄養を入れてくれるビタミンC誘導体が必要になるんです。

[char no=2 char="yuka"]せっかくフラーレン原液でばっちり活性酸素を除去するなら、そこへさらにお肌に働きかける
ビタミンC誘導体を合わせて使いましょう!
土台を整えるフラーレンと、はぐくむビタミンC誘導体の黄金コンビで、透明肌が手に入ります![/char]

APPSを普段使いしたい人向け、APPS(アプレシエ)高配合の、ローションDX

フラーレンの美容液をより効率よく働くように配合されたAPPSローション。ナノ化されたコラーゲン配合で、光を跳ね返す肌へ。

少しとろみのあるぐんぐん吸い込む化粧水で、あっというまにモチモチ肌に。

内容量:120ml

価格:7,714円(税込み)

ポイント還元231P~

有効成分:APPS(アプレシエ)、TPNa、各種ビタミンカクテル

最高級の高濃度のビタミンC誘導体化粧水、プレミアムローション

ビタミンC誘導体アプレシエ、ビタミンE誘導体の濃度を限界まで高めたローション。そのため冷蔵保存推奨となっています。大量生産せずに丁寧に作られたローションは、使い終わるころには最高の肌を演出してくれるはず。

ただ、高濃度がゆえに敏感肌の方はいきなり使わずに、まずは別のローションでAPPSがお肌に合うかどうか試してみた方が良さそうです。

内容量:100ml

価格:10、800円(税込み)

 

有効成分:ビタミンC誘導体APPSアプレシエ、ビタミンE誘導体、

-APPSアプレシエ化粧水, フラーレンの原液

Copyright© フラーレンコスメログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.