ビューティーモールの口コミはこぞって高評価。みんなさくらなの?

yuka

ビューティーモールの口コミ評価って、すごくいいですよね!

@コスメでも、アマゾンでも楽天でも☆がバンバンついていています!私のように愛用している人からすれば、当たり前っちゃ当たり前の評価だな、なんて思うのですが、買おうかどうか悩んでいる人にとっては怪しいほど高評価なんですって。

当然の評価を得ている正当な化粧品が、高い評価のために「さくらだ」と言って怪しまれていちゃ、もったいないですよね。

せっかく見つけたシークレットコスメなので、「さくらだぞ!」なんて言う情報に振り回されないで欲しいのです!

ビューティーモールの口コミはさくらだと言われるわけ

ビューティーモールはさくらも雇わないし宣伝費用もかけない

ビューティーモールという会社の化粧品は、その宣伝費をほとんどかけずに口コミだけで広がっている化粧品です。

宣伝費って、莫大なんですよ。

よく見るCMの化粧品なんて、その宣伝費に予算の半分以上かかっているんです。もちろんその分商品に価格を上乗せしています。

つまり、私たちが買う化粧品の半分が宣伝費。

4000円の化粧水の中身は実は2000円くらいのもので、CM料やタレント起用の費用、ポスターなどの広告費までもを私たちが化粧品を買うときに多く払っているんです。

意味ないでしょう?

その点、ビューティーモールは商品が広告塔。タレントなどは起用せずに、商品の良さで勝負をかけています。

だから、モニターさんも多くいて、@コスメにはモニターさんの声も反映されていますよね。

でも、あくまでモニターですから良い口コミだけでなくあんまり良くなかったような口コミだって見かけます。

ここのところ、結構リアルな声だと思いますよ。

ビューティーモールはさくらが多いという悪評を流された過去がある

中身で勝負しているがゆえに、本当に使っている人からは評価の高いビューティーモールの化粧品。

一本使い切るころには肌悩みも改善されているので、「人に教えたくないシークレットコスメ」と言われるほど。

でも、そんな口コミ戦略が化粧品の実力で成功していくのを妬んだ同業者が、口コミサイトに次々と悪評を投稿するという事態が起こったのです。

「肌がぼろぼろになった」

「荒れてしまった肌を治療中」

「私もさくらにひっかかってしまった」

などなど。とくに知恵袋には、悩んでいるふりをしてさくらが多いという回答をしている自作自演の人もいますね。

「結果として、さくらが多いので買うのをやめようと思います。回答ありがとうございました。」

と結んでいる人もいました。

大体、治療が必要になるまでボロボロになるはずがありません。

たいていの敏感肌の人は、ピリピリと感じたら使用をやめるはずです。ここでもうおかしいですよね。

ビューティーモールは宣伝費をかけないので、こうした口コミでしか良さが伝わってきません。

これをさくらと言ってしまったら、大手のCMやポスターはオフィシャルなさくら、とでもいいましょうか。

使っていない人に向けて、「良い化粧品ですよ!女優肌になれますよ!」と言っているわけです。

でも、合わない人もいればよい効果を感じる人もいる。

これはビューティーモールも同じです。

商品のお値段に宣伝費がのっかっているかどうか。違いはこれだけなんです。

というわけで、ビューティーモールのさくらや悪評のいきさつは、別の同業者による嫌がらせで、訴訟までして解決済みだそうです。

とはいえ、ネット上のそういった情報って消えません。

やはり、さくらかどうかというよりも、成分や効果を自分の目で確かめるしかないんですよね。

大事なのは、さくらがどうこうではない。中身を見て自分に合うかどうか検討すること。

ビューティーモールも、資生堂も、KOSEも、どのメーカーも中身に自信をもって世に製品を送り出しています。

でも、その成分は実に様々。

自分のなりたい肌に合わせて効果を選び、

肌質に合わせて無添加製品を選び、

安全性を吟味して成分を選んでいきましょう!

ビューティーモールは、お肌に優しく、効果の出る成分を黄金比率で配合しているからこそ、高評価の口コミを得ています。

それがさくらであると思っても、成分を自分で確認したうえで選んだのなら、問題ないのではないでしょうか。